商品詳細

森越りんご さんのEntyページ


支援者全員が閲覧可能

【虹の向こうへ】第1巻

虹の向こうへ第2巻が8月21日前後にデジタル版、9月18日より新書カバー版を頒布します。
それに向けて改めて第1巻デジタル版、第1巻サンプル、第2巻サンプルを今週いっぱいかけて順番に公開・頒布していきます。

こちらは【虹の向こうへ第1巻】になります。
サンプルではありませんのでご注意ください。

全体のあらすじ:ファンタジー(剣、魔法、竜有り)
三種族が住まう世界・緑紫には「空の神」と呼ばれる存在が君臨する。
空の神は世界を浄化し守る存在だが、人間が緑紫に住まうようになってから力を失い、空の神が最初に生み出したヒトがその存在の代わりを担うようになっていた。
これは、空の神を崇拝する世界と、それから逃れようとする人間が生まれ始めた時代の話。

第1巻のあらすじ:
トウカ(16)は心魔(こうま)と呼ばれる種族を中心とする聖光国、その第一王子に使える従者である。第一王子・シラン(22)は彼の父が殉死した際にトウカとその弟を引き取ってくれた恩人であり、トウカにとっては父親や兄のような存在。
そのシランが22歳を迎えた誕生日の夜、トウカとシランは月読の塔で二人の来訪者に出会う。
一人は、漆黒を身に纏い、国の宝と呼べる銀鎖の鈴を盗んだ青年。
一人は、ヒトを次期空の神へと誘う、空の神の使者・銀の守護者(プラチナガーディアン)の少女。
四人が出会った時、それまでの世界は崩壊し、日常は消えて無くなる。

※この作品には、2巻以降、異性愛・同性愛要素が含まれます。