夜光蛾8 製作記録 2018/07/07 三面ボス 攻撃

 足無しバージョン。



○第一段階

 最初は小触覚(小さい角)から2wayをぐるぐる回す。
 こういう振り回す攻撃はいつもは等速で回転させてるけど、今回は加速&減速させてみた。ちょっとランダム感が出る。
 見た目派手だけど避けるのはあまり難しくない感じにしている。

 しばらくするとロイコ目(ロイコクロリディウムの目)から公転弾が出る。
 これは中心部分に太陽(親)があって、こいつが子を円形に打ち出している。
 子は親のローカル空間内でまっすぐ飛んでいる。描画&当たり判定用に、親の座標と回転角度を元にワールド空間での座標を出している。

・子は親のローカル座標系内で放射型に(円形になるように)飛ばす
・親の座標を親X、親Y、親の進行方向を親とする
・子は親原点からの角度と距離(子角度、子距離)を出しておく

 ワールドX=親X+cos(親角度+子角度)*子距離
 ワールドY=親Y+sin(親角度+子角度)*子距離

 となる。
 こうした上で、子の移動量や角度を変更させるとまさにイライラ棒的な弾幕になる。
 これを三次元的に回転させるとますます変な挙動になる。
 弾幕はよくイライラ棒と揶揄されるけど、むしろ「これが本当のイライラ棒だ!」みたいな弾幕を作ってしまおう。

 今回の攻撃では子は三重に配置されており、一定距離で止まる。
 止まるまでの時間が違うため棒状になる。高難度だと五発並ぶ。

 小さい目の攻撃(速めの直進弾)だけなら楽だけど、障害物的に回転する弾幕が合わさることにより難しくなるという構成。

.
○第二段階

 小触覚の攻撃は、パラメータを第一段階からちょっと変えただけなのだった……。
 四分割の回転弾が出る。(Easyは三分割、Hardは五分割)
 回転速度も遅くなってくる。
 連なる弾と弾の隙間を抜けさせるのが目的。

 ロイコ目から出る弾は、円形配置して公転させながら波打たせている。
 上にちょっと書いたやつ。一定距離進んでから移動量をsinで増減させている。
 輪の中はとりあえず安全なので、小触覚の弾はここで避ければいいんだけど、輪を抜けるタイミングを間違うと被弾するという構成。
 動画では片っ端から被弾していて参考にならない……。
 しかも太陽(親)の当たり判定を消し忘れてるので、何もないところで被弾している……。

 このボスのテーマは「脈動」なので、キャラも弾幕もうねうねしている。

.
 動画見てたらなんか弾の発光が妙に濃くて、なんでだろーと思ったのだった。
 弾が三発重なっているのだった。
 第一段階のプログラムそのままコピペしたから、三発撃ってるんだな……。(第一段階と違い移動量や待機時間を変えていないので完全に重なっている)
 動画だと客観的に見ることができていいなぁと思った。
 製作過程をこうやって公開することにも意味があるんだ……。

.
 波打ち公転弾はもっといろいろやりたいけど、ボス戦が長くなるので二種類で終了。
 しかしこのボス「ナメキール」にはまだ恐ろしい秘密が隠されているのだった……。



報告する

1
≪ 前の作品 作品一覧    
Twitterでシェア!



"坂葉" is creating "ゲーム"
ものすごくかっこいいシューティングゲーム「夜光蛾6」の製作
坂葉 is creating ゲーム

ものすごくかっこいいシューティングゲーム「夜光蛾6」の製作
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細
ExcaliburCoin
DMM GAMES 遊び放題