長編小説の執筆が完了しました。

 相羽です。

 ちょくちょく、書いてます書いてますと言っていた新作「歴女ファンタジー小説(仮)」、今週10日(木)、初稿の執筆が完了いたしました。

 400字詰原稿用紙換算で242枚。書ききった~。

 あくまで初稿なので、これから何度も推敲・調整したりしていくのですが、とにもかくにも最低限世に出せるかたちでは生み出せました。

 『妹の紋章』以来の完結した長編小説となります。辿り、着けた~。

 プライベートで交流がある方は、僕がメールで、手紙で、あるいはオフ会とかで実際に会って、「歴女が異世界にいく長編小説の構想がある」というような話を二~三年前からしていたのを覚えている方もいるかと思います。

 それです……。それの初稿がついに完成したのです……。

 歴史にくわしい人には実際に会って話を聞いたり。

 プロットを何度も練り直したり。

 参考図書もたくさん買いました。読みました。

 二、三年くらい、少しずつやっていけばちゃんと実現するところまでこられるんだな……。

 もっといって、三十六年生きるとここまでこられるんだな……。(人生を全部注ぎ込んでますw)

 執筆に集中していたここ数か月はワープした感があります。今、五月!? マジで!?

 完成した日は、ほろよいはちみつレモンで一人祝ったのであった。

 しみじみ。

 とりあえず、ホッ。

 書いてる時は書いてる時で楽しさというかトランス感(笑)があるのですが、一区切りした自由感はまたイイものです。

 今見たら、前回ブログでプリキュア感想を書いたのが4月10日(まだ第8話分)、だいたい一ヶ月くらいは没頭して執筆していてあっちの世界にw行ってたのですね。

 あまりにエネルギーのようなものを放ってた感じで、今は何もない感じ。

 少しずつ、部屋片づけたり、軽めのアニメとか見て回復していきますよ。

 まずはアイカツあたりからかなw

 今日は久々に髪切りに行ってきました~w

 渾身の一作です。

 何らかのカタチでお届けできる日を楽しみにして頂けたら嬉しいです!



報告する

0
≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"相羽裕司" is creating "S市(仙台市)小説シリーズ"
個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
相羽裕司 is creating S市(仙台市)小説シリーズ

個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細