Direct Voice 第2章

第2章  ご尊顔を拝する


 肌寒い日も多くなってきた。しかし、てな様と会うことになった土曜日は、幸運にもお天気に恵まれ、気持ちよい秋晴れであった。
 こんな日にデートでもできたら嬉しいな……なんて思いつつ、待ち合わせ場所の駅に向かう。
 いや、デートだよ。男女が待ち合わせて、どこかに出かければ、それはデート。なら、私は、てな様とデート!
 顔の筋肉がゆるむ。にへへ、と、笑ってしまいそうになる。近所なのだ。誰が見ているかわからない。私は、必死に、教科書に載っていたつまらない古文や数式を思い出し、笑いをこらえていた。
 てな様の手は、すごく綺麗だ。だから、きっと不細工なんてことはない。謙遜しているだけだ。
 駅に着いた。待ち合わせの十時まで、あと十分ほど。
 この駅の東口に、大きな柱がある。そこで落ち合う予定だ。
 いるかな、てな様。
「……あれっ」
「……わ」
 柱のところにいたのは、クラスメートの横手くんだった。意外なところで会うもんだ。
「やあ」
 声をかけるが、軽く頭を下げられただけだった。
 参ったな……。
 別に、横手くんは、お調子者でも何でもない。むしろ、しゃべっているところをほとんど見ない。どんな声だったかも思い出せないくらいだ。
 しかし、私が、てな様の大ファンということは、てな様本人しか知らない。親はもちろん、親しい友達にだって、私がてな様にはまっているなんて話していない。
 てな様が来てしまったら、私は、でれでれのだらしない表情を隠せないだろう。それを、冷やかされないとは言え、知り合いに見られるのは、恥ずかしかった。
 この駅を待ち合わせ場所にしてしまったことを後悔する。やっぱり、もう少し遠くの駅にした方がよかったかも……。
 早く横手くんが去ってくれれば……。それから、てな様が来てくれれば……。
 横目で、横手くんの様子を窺う。制服姿しか知らなかったが、モノクロでまとめられたファッションは、おしゃれを意識しているようだ。デートだろうか。いつも見る姿からは、彼女なんていなさそうだけど……。
 あれ……。着ているTシャツは……。

「それって、ぼくおじょのイベント限定Tシャツ?」
 横手くんの肩が、びくっと跳ねる。
 てな様デビュー作の乙女ゲームの、イベント限定で販売されたTシャツだ。おしゃれなデザインで、あまりオタクオタクしていない、珍しいタイプ。上に着ている白いシャツに気を取られて一見わからなかったが、特徴的な胸のプリントでぴんときた。
「……あの……、まくるさん、ですか……?」
 横手くんが、おずおずと聞いてくる。
「え? 何言ってんの。私は、黒部 茉来(くろべ まくる)……」
 横手くんってば、私のこと忘れてんの? そう思って、つい名乗りを上げて……、はっとした。
 え? 今日、この日、横手くんが、てな様デビュー作のTシャツを着て、この駅に来たって、つまり? 私のこと、下の名前で呼んだのって、つまり? つまり、つまり、つまり……。
「……手也、です」
 横手くんは、申し訳なさそうに、そう言った。
 え……。
 手を見た。左手。横手くんの左手。私から見て、右の手。
 てな様にもらった写真と同じように、骨ばっていて……、人差し指の付け根に、ほくろがあった。
 いや、全然声違うし。美形じゃないどころか、本気で不細工だし。何だこれ何だこれ何だこれ。
 横手くんは、すごく悲しそうな目で私を見ていた。私は、ついに笑ってしまった。
「あはは」
「………………」
「はは……」
「………………………………」
「今日やることは?」
「……まくるさんにいただいたお仕事をするために……、スタジオに行きます……」
「はは、OK、OK」
 私は、手招きして、早足で歩き出した。横手くんは、慌ててついてくる。
 向かったのは、タクシー乗り場。運良く、タクシーが停まっている。
 彼を促し、私も乗る。
 運転手に、行き先を告げる。
 本当は、電車で仲良くお話でもしながら“スタジオに”行きたかったんだけどな……。

 

第3章へ ⇒



報告する

0


≪ Direct Voice 第1章 作品一覧 Direct Voice 第3章 ≫
Twitterでシェア!



"カタナド(旧:塗木ちおり)" is creating "ゲーム,漫画,イラスト"
生きづらさを抱え、ひとりぼっちでいる男を攻略する乙女ゲームが作りたいのです。
カタナド(旧:塗木ちおり) is creating ゲーム,漫画,イラスト

生きづらさを抱え、ひとりぼっちでいる男を攻略する乙女ゲームが作りたいのです。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細