コミックマーケット91直前情報!初のユニティちゃんフィギュア・グッズ頒布を行います。

初めてのフィギュア・グッズ頒布への挑戦です。

といっても、初めての経験で色々と手間取り、1週間ちょい時間をかけても5個しか量産できませんでした。(汗)

 

今回コミックマーケット91の初日(12月29日)、西館1ホール”ま”36a「東天満Unity研究会」として参戦しますが、そこでの頒布「物」は写真のとおりです。

 

ボクセルポリゴン変換プログラムでポーズを取らせたユニティちゃんフィギュアの頭部分に加工し、平面板から浮かぶレリーフ状に仕上げました。

 

レリーフ板にしたのはもう一つ理由があります。

うちの3万円3Dプリンター組み立てキットマシンでは、細い頂点部分(たとえばユニティちゃんのリボンのてっぺん部分)が非常に苦手で、その部分になると材料が団子状になって細い先端部分が潰れてしまうのです。

こちらはかなり酷い出力例ですが、3Dプリンターは材料の特性や毛出力形状の特徴を考慮せず無思慮に出力にかけたら、だいたいしっぺ返しを喰らいます。(^^;)

 

そんなこんなで後部の厚みを無くして代わりに板を立ててレリーフ状にしたら、出力がかなり安定しリボンの先端も綺麗に出力できるようになりました。写真で見る限りはかなり非道状況のように思えますが、実は「ヒゲ」と言われる細い線がたくさん出ているだけでこれを除去すればなんとかなると確信しました。(他にもサポート除去の問題がありますが、それはこの際置いておきます)(^^;)

 

 

サポートに関しては根性と体当たりで除去方法をマスターしました。なれると30分位で外せますが、跡が結構見た目よろしくないです。(^^;)

 

 

そこで今回、積層痕を目立たなくする目的もあるため表面にラッカーサフェーサーを吹くことにしました。しかしこれだけでは足りないので1回目のサフ吹き後に表面研磨を加え、さらにサフを重ね吹きして積層痕を消しました。

こうしてまとまった数のフィギュアヘッドレリーフを作っていきました。

 

 

しかしこれだけでは頒布するには殺風景すぎます。

そこでさらに銀色をスプレーし、乾いた所へクリアラッカーを重ねて光沢感を出しました。

 

 

そして今回、レリーフにした最大のメリットは奥付けを載せやすかったということです。

奥付けはレリーフの裏に貼ってあります。(^^)

 

 

このユニティちゃんレリーフですが、明日29日のコミックマーケット91階上にて限定5個を頒布します。頒布価格は2000円です。

割と値段が張りますが、その分ハンドメイド感にあふれております。

宜しければお手にとってお求め下さい。(^^)

 

 



報告する

0
≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"そむにうむ@森山弘樹" is creating "立体物・フィギュア・グッズ・3DCGプリンター・3DCGツール・VR・AR・Unity・モーション"
「ゲームから3Dプリンター出力」の実現を目指し、今までよりも簡単に作れるフィギュアや立体物グッズの製作ノウハウを共有する活動を行なっています。
そむにうむ@森山弘樹 is creating 立体物・フィギュア・グッズ・3DCGプリンター・3DCGツール・VR・AR・Unity・モーション

「ゲームから3Dプリンター出力」の実現を目指し、今までよりも簡単に作れるフィギュアや立体物グッズの製作ノウハウを共有する活動を行なっています。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細