意識操作関連例

 

ゲームをする時に使った意識操作

※マインクラフト http://www.jp.playstation.com/software/minecraft/

 

 

トランプで遊んでた時に使った意識操作

小さい子供は集中力が持続せず。常日頃いろいろなものに興味を持っています。すると手が止まり、他のものに注目したり自分の持ってるカードにしか目が行かない場合があります。

その原理を利用して、子供と一緒に遊んだ時のお話。

どんな遊びかというと単純に視点誘導の面白さを体感させるための遊びです。それぞれ自分のところに適当な枚数カードを引き寄せます。

あとはお互いそのカードを相手にわからないように取ったり 増やしたりするというゲーム。

例えば、

「あっ・・あっちになにかある!!」

というと子供は必ず見ます。素直ですからね。そして注意がそちらに向かってる間に手元にあるカードをごっそり抜き取ります。

視線が戻った時は「!?」という感じで驚いてくれます。

 

そしてごっそりもらったカードを使い今度は左右にカードを配置していきます。例えば右に黒 左に赤 そうすると子供も意図を理解して一緒にカードを並べていきます。そして徐々にカードを置くのに夢中になってきた時に隙を見て片方のカードをごっそりと取得します。(左のカードを置いてる瞬間、右のカードをごっそり取る)

すると子供はまた驚いてくれます。でもさすがにこの辺りになると学習してこいつは何かあやしいことをしてると警戒心が強くなります。

 

なので今度は動きをさらにダイナミックにしていきます。

こっそり自分の足元や机の下にカードを置きます。あるいはわざとカードを落とします。そして子供の近くに置き取ってくれない?と言います。

素直な子供は確実にとってくれます。あとは机の上にあるカードをごっそり取ります。あるいはかがんで探してる子供の背中にカードを一枚しのばせたり、机の上でおもいっきり腕を組んでその下にカードをすべて隠したりします。カードを隠した場合驚いてくれますので、あとはそこで素直にここにあるよ!と見せるのもよいし、さらにそのカードを机の下に落として ん?なんか感触を感じるんだけど・・?という感じでわざとらしく下を見て ここにあったよ!というふうにやったりするのも面白いかもですね

 

ちなみに、これをすることにより相手の知覚領域が単純に増えます。よくわからないけどこういうことをされたよ という記憶がどっかに残るはずです。あとは自然と対策を練ることが出来るので単純に毎回同じゲームをするのもいいけれど、たまにはこういう遊びをするのは勉強になりいいと思います。

 

 

 

 

 

 




0
≪ システム(伝統に対する疑問) 作品一覧 Enty記事投稿時の私の動き まとめ ≫
Twitterでシェア!



"ひめかのあとりえ Himeka’s Atelier" is creating "RESEARCH&ART "
日々の生活から様々な視点・気付きを獲得し、そしてそこから得た世界に有益な情報を様々な形で提供する
ひめかのあとりえ Himeka’s Atelier is creating RESEARCH&ART

日々の生活から様々な視点・気付きを獲得し、そしてそこから得た世界に有益な情報を様々な形で提供する
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細