放送用スイッチャー市場 - 世界予測2023-2035

 

市場概要

 

ロードキャスト・スイッチャーは、ビデオや映画の制作に使用されるハードウェア機器である。異なるソースからの異なる音声信号や映像信号を選択したり、切り替えたりするために使用される。ビデオ伝送プロセス全体において重要な役割を果たし、ビデオ放送には不可欠な要素である。スイッチャーには、プロダクションスイッチャー、ルーティングスイッチャー、マスターコントロールスイッチャーなどの種類があります。これらはコントロールルーム、リモートトラック、編集室などで使用される。スイッチャーは、完全な放送ユニットを製造するための重要な部分である。

 

HDおよびUHD技術の採用の増加、デジタルチャンネル数の増加、制作の自動化への注目の高まりが、予測期間中の放送用スイッチャー市場の成長を促進する主な要因である。超高精細(UHD)テレビの人気の高まりは、テレビ放送局による高品質のオーディオ・ビデオコンテンツへの需要を高めている。このため、高品質のビデオコンテンツを扱うことができる、新しく改良された放送用スイッチャの採用が促されている。さらに、HDや4K UHDテレビチャンネルの普及が進み、8KUHDセットトップボックスが開発されるなど、デジタル化の進展が後押ししている。このため、HD信号とUHD信号を切り替えられる放送用スイッチャーの需要が高まっている。

 

らに、発展途上国における高画質映像コンテンツに対する需要の増加、先進国における4K/8K UHD映像コンテンツの消費の増加、発展途上国におけるHD/UHDテレビのデジタル化と普及の増加も放送用スイッチャーに影響を与えている。市場成長への貢献。Netflix、Apple TV、Amazon、Hulu、Boxee、Rokuなどのストリーミング・メディア・サービス・プロバイダーの台頭は、主要なエンターテインメント・ハブとしてのテレビの伝統的優位性に挑戦している。さらに、定額制デジタル・コンテンツ・プロバイダー(Spotifyなど)やOTT(Over-the-Top)サービス・プロバイダー(YouTubeなど)も、オーディオ/ビデオ・データ・ストリーミングの成長の触媒として作用している。これにより、2023~2035年の予測期間中、放送用スイッチャー市場に成長機会が生まれる。

 

原資料:  放送用スイッチャー市場




0


≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"アサミ 藤川 " is creating ""
アサミ 藤川 is creating

お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細