NANDフラッシュメモリ市場 リサーチ

場定義

 

NANDフラッシュ・メモリは、データを保持するために電力を必要としない不揮発性ストレージ技術である。データをブロックとして保存し、そのために電気回路を使用する。NAND型フラッシュ・メモリは、MP3プレーヤー、デジタルカメラ、USBフラッシュ・ドライブなど、大容量ファイルやデータを保存する多くの機器に使用されている。

 

NANDフラッシュメモリ市場の成長要因

NAND型フラッシュメモリ市場の主な成長要因は以下の通りである。

 

マートフォンの世界的な普及 NAND型フラッシュメモリ市場の成長要因の一つは、スマートフォンの普及が進んでいることである。当社の調査によると、2022年には世界人口の約70%がスマートフォンを使用するようになる。NAND型フラッシュメモリはスマートフォンやタブレットで一般的に使用されており、ロード時間の短縮、効率的なデータ保存、メディアファイルへの迅速なアクセスを可能にしています。調査結果のひとつによると、スマートフォンの平均的なNANDフラッシュ容量は2020年に100GBを超えるという。そのため、スマートフォンの利用が増加することで、NANDフラッシュメモリ市場には今後数年で計り知れない成長機会がもたらされる可能性が高い。

研究開発の成長: NANDフラッシュメモリ市場は、主に業界大手からの投資流入によって成長している。この傾向は市場の発展と拡大に寄与しており、様々な分野で高性能データストレージソリューションの需要が高まる中、今後も続くと予想される。

 

最新動向

 

2023年3月 キオクシアがウエスタンデジタルと提携し、最新の3Dフラッシュメモリーを発売すると発表。

2022 年 7 月: Micron Technology, Inc.が 232 層 NAND メモリの最初のバッチを出荷したと発表


原資料: NAND フラッシュメモリ市場




0


≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"アサミ 藤川 " is creating ""
アサミ 藤川 is creating

お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細