リグニン製品市場2023 産業課題、トップメーカー、主要国、2035年までの予測

市場概況

 

リグニン製品市場とは、多くの植物、特に木材の細胞壁に存在する複雑な有機ポリマーであるリグニンから作られたさまざまな製品を製造および販売する業界を指します。 リグニンは紙およびパルプ部門の残留物ですが、牧草、農業の残り物、および木質バイオマスに由来する場合もあります。リグニン製品は、建築、農業、動物飼料、エネルギーなど、さまざまな分野で使用されています。持続可能な素材に対する需要の高まっています。これは、この市場の成長要因です。人々が従来の素材の環境への影響をより意識するようになるにつれて、持続可能で再生可能な資源に向かう傾向があります。紙パルプ産業やその他のバイオマス源の副産物であるリグニンは、持続可能で環境に優しい物質と見なされており、化学などのさまざまな分野で需要が高まっています。 化学産業には、リグニンの他の多くの潜在的で有益なアプリケーションが存在します。 接着剤、ポリマー、ポリオール、サイジング剤、コーティング剤、乳化剤などの化学製品がその例です。

 

リグニン製品市場の主要な動向

2022 年 12 月、Stora Enso はフィンランドにある Sunila 生産工場でリグニンの造粒を開始しました。 粒状の形態は、粉末または湿った形態と比較して、効率と取り扱いを向上させることを目的としています。

 

2020 年 6 月、Fortum と Metsä Group は Business Finland と協力して、わらと木材パルプ繊維を織物繊維などのユニークなバイオ製品に変換するために必要な画期的な技術と革新的なビジネス アイデアの開発を目的とした世界クラスの研究開発プログラムを立ち上げました。

競争力ランドスケープ

リグニン製品市場 市場の主要なプレーヤーはBorregaard、Domsjo Fabriker、UPM、Green Agrochem、Ingevity Corporation、Nippon Paper Industries Co. Ltd、Rayonier Advanced Materials、Shenyang Xingzhenghe、 Chemical Co. Ltd、Stora Enso、Fortum Corporationなどです。この調査には、世界のリグニン製品市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。




0


    作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"hinamiyazu" is creating ""
SDKI株式会社 リサーチアナリスト
hinamiyazu is creating

SDKI株式会社 リサーチアナリスト
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細