新作短編小説『橋姫影物語』第二節「碑文への逃避行」の公開を開始いたしました

 相羽です。

 本日で東日本大震災から9年です。

 自分のことでいうなら、まずは9年間何とか生きてこられたことに感謝の気持ちが湧いてきます。

 引き続き、東北の復興に関してやりたいこと、やれること、やるべきことをコツコツとやっていこうと思っております。

 そんな中、昨日より公開開始させて頂いている完全新作短編小説『橋姫影物語』。

 本日は新たに、


第二節「碑文への逃避行」


 を「カクヨム」様で公開開始いたしました。

 本日は、「カクヨム」さんの週間ランキング(現代ドラマ)第444位ありがとうございます。


 3月16日(月)の完結まで七夜連続公開となります。

 それでは、東北の地域の伝承にこの時期に(創作の題材にするというかたちで)スポットを当ててみて、飯坂温泉の吉川屋七代目さんが(インタビューさせて頂いた時に)仰っていたところの「足元に眠っている地域の宝を磨き上げる」のも、僕なりの復興活動。

 完全新作短編小説『橋姫影物語』、クリックして読んで頂けたら幸いです。↓


『橋姫影物語』/カクヨム


報告する

0


≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"相羽裕司" is creating "S市(仙台市)小説シリーズ"
個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
相羽裕司 is creating S市(仙台市)小説シリーズ

個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細