MachineClad進捗02~自律~

おはこんばにちは。レデュです。

「MachineClad」において、我々がカスタマイズできる「マシンアバター」は5つの部位と4つの武装から構成されます。

頭部、胴体、右腕、左腕、脚部、右武器、左武器、右背武器、左背武器です。

 

今回は前回のPOSTから引き続き、敵AIの制作進捗。及びそれに関係する各システムの説明をします。

前回は、敵機体と言っても実際にはこちらの入力をコピーしているだけの鏡写しでした。今回ではもう、上記動画のように移動、攻撃、捕捉などを自動で出来るようになりました。

と言ってもまだまだ動きは単純。「こちらの右側面のある地点を目標地点として移動しながら攻撃する」だけです。

しかしながらこの「ある地点」を状況によって切り替えるように仕組めば、複雑な動きになっていくでしょう。

攻撃のタイミングやブーストを吹かす状況の管理など、まだまだ仕込むことは多いですが、大幅な進歩といえます。

 

ロックオンシステムですが、自機側では、一定距離内かつ画面の一定範囲内にいる敵の中で最も中央に近いものを攻撃対象としてロックします。

この時、射撃武器の予測射撃機能も発動しますが、より対象を画面の中央に捉えるほど予測射撃の狙撃点移動が素早くなります。

敵側は画面の判定は使えないので、機体正面から一定角度以内をロック範囲としました。同じく機体正面に近いほど予測射撃は鋭くなります。

要するに「なるべく相手の側面を取りつつこちらは相手を正面に捉える」事ができれば有利になります。

 

ところで!早速ご支援を頂きました!

一刻も早く敵MAアリーナを実装できるように頑張ってまいりますので応援よろしくお願いいたします。

こういったかたちのシステム紹介などは一般公開。もう少し突っ込んで制作裏話や世界観などは限定公開にしようかななどと考えていたりします。

 



報告する

3
≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"レデュ" is creating "ゲーム"
Unityでメカカスタマイズアクションゲームを制作中です。
レデュ is creating ゲーム

Unityでメカカスタマイズアクションゲームを制作中です。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細