テーマが見えたのです

 相羽です。

 最近また絵の練習をしたりしているのですが。


 書道家の武田双雲さんは、作品のテーマを「楽」と一つに決めているそうです。

 以前ブログで、一つに決めるのには勇気が必要だったけど、今では決めて良かったと思ってる……といった趣旨のことを述懐されておりました。

 僕の場合、2009年頃におもむろに絵の練習を始めた頃の表現したいテーマは、「構造の中の実存」と「少女」でした。

 ただ、これは表現するには実力が追いつかず、そして震災の後くらいから絵はそんなにも描かなくなっていきました(どちらかというと、文章の方が自分は役に立てるとも思ったのもあって)。

 最近また練習してるのは、新たな(?)テーマが見つかったからで、それは、「ゆっくり」「ゆったり」「ゆるやか」「ゆるゆり(え)」です。

 以前から、僕の人生のテーマは「余裕」(をつくること)だといったことは折に触れて書いていたのですが、「余裕」をもうちょっと噛み砕いた言葉にするとこれになるなと。

 昔の「構造の中の実存」や「少女」が、めっちゃ必死になって勉強したり練習したりして追わなくちゃいけない感じだったのに対して、今回の「ゆっくり」「ゆったり」「ゆるやか」「ゆるゆり(え)」は、自然と湧き出てくるものにカタチを与える感じで継続していけそうな気が今のところしております。

 あわよくば、「構造の中の実存」感もあったこれまで書いてきた小説に自分で絵をつけたりして、「構造の中の実存」と「ゆっくり」「ゆったり」「ゆるやか」「ゆるゆり(え)」がハイブリットするシロクマ・ワールド・令和版みたいなのを展開できたら(?)よいのかも、なんても考えているところです。

 引き続き、絵なども描きつつ、「ゆっくり」「ゆったり」「ゆるやか」「ゆるゆり(え)」なリゾート(『すくりぞ!』的な意味で)的な場所を広げていくような方向性で、日々を過ごしていきたいと思っているところなのでした。


報告する

0
≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"相羽裕司" is creating "S市(仙台市)小説シリーズ"
個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
相羽裕司 is creating S市(仙台市)小説シリーズ

個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細