短編小説集『待たされている間は名探偵時間』が面白かったです(無料キャンペーン中)

 相羽です。

 やまなしレイくん(ブログTwitter)が新作短編小説集『待たされている間は名探偵時間』をKindle電子書籍でリリースしたのです。

 全部読ませて頂きましたが、めちゃめちゃ面白かったです。

 僕は、初期の『Re:Survival』って作品の頃から天才だって言ってるんですが、

 これ、天才がついに覚醒案件なのでは。

 漫画描いたり、ゲーム実況動画配信したりしつつ、ギフト(才能)がミステリ小説だったとは。

 三本目の話が間違いなく傑作で。

 四本目の話は大爆笑しw

 五本目の話で唸る感じです。

 ミステリだからあんまり突っ込んだ感想書けないよw

 才能開花案件の可能性が高いので、レイ君には今後も小説書いていって(というか媒体問わずお話作りしていって)ほしい。

 言葉に力と温かさもあり。そして読みやすいです。

 沢山の人に読んでほしいですね。

 現在(5日ほど)無料キャンペーン中なので是非ゲットしてみて頂けたらと。

 Kindle本は、今はKindleアプリをDLすればスマホ、タブレット、PC全部で読めるんで。

 今(2日、午前)、Kindle本の総合(無料の方)28位くらい。良いですね。

 1位、行っちゃえって。

 タイトルの「時間(タイム)」って使い方が「ふわふわ時間(タイム)」(『けいおん!』)っぽいけど、「日常」ミステリだからこのワードを使ってみたのか?

 作者はそこまで考えているのか?

 やむなしレイとは何者なのか?

 全ての答えは(たぶん)この作品の中にあります。クリックしていますぐダウンロードなのです。↓


待たされている間は名探偵時間/Kindleストア


参考:ストーリーキング・やまなしレイ(ストリーキングではないw)/ランゲージダイアリー

参考:アイツが小説を書きはじめたゾ/ランゲージダイアリー

参考:落ち目の声優が介護開始でも百合?『その日 世界は…』第1巻が発売/ランゲージダイアリー



報告する

0
≪ 記事を書く時の話 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"相羽裕司" is creating "S市(仙台市)小説シリーズ"
個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
相羽裕司 is creating S市(仙台市)小説シリーズ

個人クリエイターたちによる地域復興&ソフトコンテンツの輸出大作戦。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細