【雑記 ※一般公開記事】ジャッジアイズの演出

PS4のゲーム「ジャッジアイズ」を3章までクリアした時点ですが(プレイ時間は7時間ぐらい)、
演出についての感想を書いてみようと思います。


世間では「キムタクが如く」なんて呼ばれていますが、その呼び名は好きではないです。

さて、演出面ですが、イベント会話時の顔のドアップシーンには衝撃を受けました。
今のCGが精巧になった時代だからこそ、迫力がある演出に仕上がっています。
昔のしょぼいCGでは到底できなかったことかなと思いました。
ジャッジアイズではこのドアップ演出のシーンが多用されていて良かったです。

 

あと良かったのは、ミニゲームとかサブイベントの一部を、
強制的にメインストーリーとして組み込んでいるところですね。
メインストーリーじゃなかった場合、自分は完全にスルーしています。
やりこみ要素にまったく興味がないので。
サブストーリーをこなすことで、手に入るものがSPやらお金だけでは、
わざわざ時間を割いてまでやる価値が見いだせないのです。

 

自作品の3(Blue Tears)では、ギルドハンターたちが主人公だったので、
依頼メインのシナリオ構成でしたが、一部の依頼イベントはジャッジアイズと同じように、
依頼をこなさないと先へ進まないスタイルにしています。

 

ジャッジアイズはシナリオがかなり良いので、このままプレイを続行します。



報告する

0
≪ 【制作コラム】小説の構成スタイル 作品一覧 【単発企画】大食いキャラTOP5 ≫
Twitterでシェア!



"KAZ" is creating "ゲーム"
RPG作品「FREEJIA」シリーズを制作しています。
KAZ is creating ゲーム

RPG作品「FREEJIA」シリーズを制作しています。
お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細