"岡山ライターズサロン" is creating "エッセイ、小説、ブログ、その他文章コンテンツ"

詳しくはこちらをご覧ください:https://okayama-writers.hateblo.jp 

ホーム
投稿一覧(0)
パスワード特典
ファン一覧(0)

初めまして。岡山ライターズサロンの「稲葉 幽助」と申します。

 

突然ですが、皆様は「文章を書く」ということについてどのようにお考えでしょうか。

 

全く筆が進まずに苦しい思いを絶えず感じており、コンプレックスを抱いていらっしゃるでしょうか。それとも、ある程度のところまでは書けるのだが、肝心要の部分は進められずに、苦労されていらっしゃるでしょうか。あるいは、容易に書けてしまうばかりに楽しさを見出せないままでおられるでしょうか。

 

いずれにせよ、「文章を書く」ということに対して何かしらの苦手意識を持たれている間は、この行為が何となくつまらなく感じてしまうものです。

 

ですが、何らかの文章を書かなければならない場面は、人生において何度も訪れるものです。入試における小論文、履歴書の自己PR文、昇進のための自己推薦書、会議で配布する企画書。こういったものは、文章を書く力なくしては乗り越えることができません。そのような場面であっても、ある程度のテクニックで打破することは可能かもしれません。それでも、苦手なままでは「これで良かったのだろうか」という疑問が残りがちです。

 

当サロンにおいては、皆様がお持ちの「文章に対する苦手意識」を打破すべく尽力してまいります。すなわち、「文章を書く」ということに関して楽しさを見出していただくとともに、もっと文章のレベルを上げていけるよう、皆様が一丸となって努力していける環境を提供しようと考えております。

 

「文章を書く」という行為はどうしてもワンマンプレーと捉えられがちですが、実はそうではありません。他人からの支えがあって初めて可能になるものでございます。また、他人と関わり合うからこそ、新しい発想が生まれてきます。逆に言えば、自分一人で書こうとしたところで、どうしてもすぐに限界に達してしまうのです。「岡山ライターズサロン」では、このような限界を乗り越えていけるよう、十分にサポートする体制を整えてまいります。

 

「文章を書く」ことは、本来楽しいものです。何となく日記を書いていて、手が止まらなかったことはありませんか。このような状態が続けられるようにすることを我々は目指しています。そして、書くことを少しずつ極めていこうとすれば、自分が本当に書きたいことを思うままに書いてゆくことは十分可能になります。そうなれば、書くことがもっと楽しくなってゆくことでしょう。

 

さあ、今この文章をお読みのあなたも、「文章を書く」ことについて第一歩を踏み出してみませんか。この一歩こそが、あなたの将来にとって大きなものであることは、私が保証いたします。

 

当サロンの活動や成果物については、以下のサイトで公開しています。

ブログ:https://okayama-writers.hateblo.jp

note:http://note.mu/okayama_writers

続きを読む Translate / 翻訳