"日本戦争ゲーム開発(武藤FP)" is creating "ゲーム(全年齢、R18両方)"

まじめに不真面目でマジメなゲームを日々制作。ミリタリーとバカゲーを得意とし、代表作は「パトルの軍事博物館」。 

ホーム
投稿一覧(92)
応援メッセージ(1)
ファン一覧(31)

---製作者とサークル活動について---


日本戦争ゲーム開発の武藤FPです。
当方いわゆる「専業同人ゲーム製作者」で、生活の大半をゲーム制作にあてています。

硬派な戦争ゲームも作りますが、どちらかというとお馬鹿でぶっ飛んだのが多めです。
たまにミリタリー以外のゲームも作る事があります。

公式サイトはこちら


---代表作---


パトルの軍事博物館

軍事博物館を経営し、集めた兵器で世界中を冒険するミリタリーRPG。
特濃のミリタリー要素、RPGとしての面白さ、圧倒的ボリュームの史実解説、自由度の高さ、そしてお馬鹿で凄く不謹慎。
カルト的な人気を誇り、これを遊んだ事がきっかけでミリタリーマニアになった人もいます。

 


第2次世界大戦の独ソ戦をテーマにした美少女SRPG。
ヒロイン6人の好物が全部ウォッカ。通貨単位もウォッカ。
全体的にお馬鹿で明るいノリですが、ゲーム部分は本格派です。
R18版と全年齢版があります。

 

---現在製作中の作品--

こちらのページを御覧ください。


---皆様に支援を求める理由---


パトロンを募集する理由ですが、ゲームの売上が不安定すぎるためです。
例えば2014年のゲームの利益は300万円ほどありましたが、翌2015年は50万円ほどでした。

ゲーム制作には時間がかかり、しかも売れない時はさっぱり売れないため、利益が乱高下してしまいます。

これだと精神衛生上よろしくないうえに、外注予算も制限されますし、面白そうでも売上が見込めない企画はお蔵入りさせるしかありません。

ゲーム製作に生活の殆どを捧げているので、安定した利益を出し、より自由に作りたいのです。

 

上の説明と被るところもありますが、皆様から頂いた支援金は以下の目的で用います。

 

・第一目的

作曲家、イラストレイター、ライターなどへの報酬を積み増ししたり、依頼量を増やします。

この目的が達成されれば、皆様に提供するゲームの品質が向上し、さらには外注先も幸せになります。

幸いにして、この目標は達成されつつあります。

 

・第二目的

じっくりと時間をかけて制作するのに使います。
ゲーム制作は、作っている間はほとんど利益が出ず、発売直後に利益が集中するという特徴があります。
そのためじっくりとクオリティを高めていたり、制作が長期にわたる大作を作っていると、ほとんど利益が入らない期間が続きます。
また制作ツールの乗り換えや勉強で、新作がしばらく出せない時期というのもあります。
しかし、よりよい作品を作るためには、勉強や試行錯誤も必要です。
Entyによる支援金は1月ごとなので、こういった期間も利益が途絶えずに済みます。

この目的が達成されれば、クオリティの向上、大作の制作、技術的な冒険ができます。
それにより、お届けできるゲームもより良いものとなります。

 

・第三目的

究極的には売上を気にせず自由闊達に作りたいゲームを作るのが目的です。
現状売上を考慮した作品を優先して作らなければならず、R18作品とシリーズ物に偏りがちな状況です。売上を度外視した実験的な作品や新規の全年齢向け作品を作るのは厳しい状況です(それでも作りますが)。

安定した支援金があれば、多種多様な独創的(すぎる)ゲームを、今まで以上に世に送り出す事ができるでしょう。

 

ご支援お待ちしております。

 

続きを読む Translate / 翻訳