LNG産業動向、洞察、分析概要 - 2024-2036年予測

LNG 市場分析
LNG(液化天然ガス)とは、天然ガスを液状にしたものです。冷却液の形態は、天然ガスの貯蔵と輸送をより簡単かつ安全に行うのに役立ちます。LNGを燃料とする船団が多く存在することが、LNG市場の成長の重要な理由となっています。現在、2020年、世界で175隻の液化天然ガス推進船(LNG船)が運航しています。

 

無料サンプルPDFレポート: https://www.sdki.jp/sample-request-110731

 

LNG市場セグメント
LNGインフラに基づいて、LNG液化プラントセグメントは、予測期間終了までに最大の市場シェアを占めると予想されます。液化により、天然ガスの貯蔵と輸送が容易になります。天然ガスを液体化することで、ガスパイプラインの建設が困難なガス田から消費者にガスを届けることができます。したがって、液化はLNG産業において非常に重要な役割を果たし、その需要につながっているのです。

 

LNG市場地域概要
アジア太平洋地域は、2021 年の世界市場の収益の約 80% という最大のシェアを占めました。地域市場の成長は、主に中国などの経済成長の結果として発生します。中国の国内総生産(GDP)は、わずか2022年に最大4%の成長を遂げたと推定されています。また、アジア太平洋地域では、中国が予測期間中に最も速い成長を示すと予想されている国です。日本のlng市場調査は、発電用LNGへの依存度が高いことから、成長が期待されます。

 

LNG 調査の場所
北米(米国およびカナダ)、ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)、ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダおよびルクセンブルグ、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー) 、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド。

 

原資料: SDKI Inc 公式サイト



添付ファイル:   lng Industry (1).jpg

0


≪ 前の作品 作品一覧 次の作品 ≫
Twitterでシェア!



"アサミ 藤川 " is creating ""
アサミ 藤川 is creating

お支払い方法
 クレジットカード
 銀行振込
 楽天Edy決済
 デビット&プリペイドカード(Vプリカ等)
  支援はいつ開始してもOK!
  Entyで支援すると約1.5倍以上オトク!
詳細