ドリームTVのスーパーファミコン・過小評価されているアメリカ限定ゲーム

     同じ名前のトルコのテレビチャンネルと混同されないように

日本はヘベレケ、アメリカはドリームTVを手に入れた。

ゲームのプロットは、ジミーとチャーリーという二人の子供が、郵便で受け取った謎のゲームカートリッジをプレイした後、平行宇宙に飛ばされてしまうというものです。

ゲームプレイ

ドリームTVは、プレイヤーが投射物を撃ったり、アイテムを集めたりする横スクロールゲームです。

音楽はスーパーファミコン用にも発売されたスーパーマリオワールドと同じくらい静かです。そのため、このゲームをプレイする際にはテレビの音量を上げる必要があるかもしれません。

ゲームはSPC700のエコー効果を利用していますが、エコーの音量が小さすぎるので、ほとんど気になりません。その結果、このゲームの作曲者は、チャンネルを複製して、数ミリ秒遅れて、音量を小さくすることで、とにかくエコーをシミュレートすることにしました。

私見ですが、ドリームTVはロックマンに負けず劣らず本当に愛着のあるゲームだと思います。最初のエリアをクリアできなかった。ギミック!よりもはるかに難しい。

だから、1994年に子供の頃にアメリカに行っていたら、このゲームが店頭に並んでいるのを見たことがあるだろう。

 


Questionnaire 1:このゲームはプレイする価値があったのか?




0


≪ Previous Posts Next ≫
Share On Twitter



"ルチアーノウィンドウズファン " is creating "チュくの大冒険のファミリーコンピュータ。"
曖昧なものを発見した。
ルチアーノウィンドウズファン is creating チュくの大冒険のファミリーコンピュータ。

曖昧なものを発見した。
If you support right now, You’ll immediately get access to as many as 3 patron-only posts!
>> <<